身長豆知識

身長を高くするには睡眠は外せない重要ポイント!

更新日:

子供の身長を高くするために重要なポイントは「睡眠」「栄養」「運動」と言われています。

この3つはどれも重要なのですが、あえて一番重要なのはどれかと言うと「睡眠」です!身長を高くするためには「睡眠の質」をあげることが大切なポイントです。

 

睡眠と身長ってどういう関係があるの?

身長を高くするために「睡眠」が大切というのは、何となくイメージできるのですが具体的にはどういう関係があるのでしょう?

子供の身長を高くするために欠かせないのが「成長ホルモン」です。

子供が成長するためには、「成長ホルモン」が大きな役割を持っています。「成長ホルモン」の役割としては、血液を通って骨に届き、骨の成長を促す役割があります。そのため、身長を高くするためには「成長ホルモン」が重要です。

成長ホルモンが一番分泌されるのが、深い睡眠の時です。

そのため、子供の身長を高くするには睡眠の質をあげて、深い睡眠状態を作り出す必要があります。

夜寝るのが遅くなったり、寝る前にスマホやゲームをやっていると、睡眠不足になったり、深い眠りに入ることができません。そのため、「成長ホルモン」の分泌量が減少してしまいます。

最近の子供たちの睡眠時間がどんどん少なくなってきているみたいです。

  • 塾や習い事が夜遅くまである
  • 部活などで帰りが遅い
  • 宿題の量が多いので寝るのが遅くなる
  • 寝る前にゲームやスマホをやてしまうため深い睡眠に入れない

といった原因があるようです。

中学受験をするお子様の場合は、特に睡眠時間が短くなりがちですが、できるだけ睡眠時間を確保するようにしましょう。

勉強するなら朝やる方が効率があがると思います。また、同じ睡眠時間でも夜早く寝て早く起きる方が睡眠の質があがるそうです。人間は日の出とともに起きて、日の入りとともに寝るのが自然ですからね。

 

成長ホルモンは寝ている時以外にも分泌される!

深い睡眠状態の時が一番「成長ホルモン」が分泌されます。
では、寝ている時以外は成長ホルモンは分泌されないのでしょうか?

実は「成長ホルモン」は、ゴハンを食べた後やスポーツ後にも分泌されるみたいです。そのため、栄養バランスの良い食事や適度な運動をすることも子供の身長にとって大切なポイントです。

寝ている時はもちろんですが、起きている時も「成長ホルモン」を分泌させて、身長を高くしましょう!

「睡眠」「栄養」「運動」は、成長ホルモンを分泌させるために大切な要素なんです。

子供の睡眠時間はどのぐらい必要?

睡眠の質をあげることが身長にとって大切とお話してきましたが、睡眠時間はどのぐらいが理想的なのでしょう?

それでは、年齢別に必要な睡眠時間について見ていきましょう!

必要な睡眠時間

  • 3~6歳:11~12時間
  • 7~12歳:10~11時間
  • 13~18歳:8~9時間

どうですか?あなたのお子様は睡眠時間取れていますか?

最近の日本の子供の平均睡眠時間は短くなってきているそうです。理想的な睡眠時間よりも約1.5時間も少ないそうです。

 

早起きで睡眠の質アップ

先ほども少しお話しましたが、睡眠の質をアップするために早寝早起きが効果的です。同じ睡眠時間でも早寝早起きの方が睡眠の質があがるそうです。

まずは早寝から始めることをおすすめします!

 

まとめ

子供の身長を高くするためには、睡眠が大切ということを理解して頂けましたか?

[/st-mybox]

理想の睡眠時間

  • 3~6歳:11~12時間
  • 7~12歳:10~11時間
  • 13~18歳:8~9時間

あなたのお子様の睡眠時間を理想の睡眠時間に近づけられるように家族みんなで協力していきましょう!

まずは両親が早く寝てお手本になるというのも結構効果的な方法です。

-身長豆知識
-, ,

Copyright© ドクターセノビルの口コミはどう?子供に飲ませた方が良いの? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.